キーワード:古環境

環境リスク共生学科


古生態学研究室

キーワード:
古生態、古環境、頭足類、白亜紀、進化史
准教授
和仁 良二WANI, Ryoji
専門分野
古生態学、古生物学
主な担当授業科目
  • 地球環境変動と生命進化I・II (3年)、
  • 古生物学I・II (2年)、
  • 地球科学実験 (1年)、
  • 自然環境リスク共生概論A(地球と環境) (1年)、
  • 地質学遠隔地フィールドワーク (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

絶滅生物の古生態と地球環境変動

多様な生物は、どのようにして地球上に誕生し、どのように進化してきたのでしょうか。過去の生物の古生態や進化を明らかにしようと、化石の研究を進めています。おもな研究対象は、“アンモナイト”と呼ばれる化石です。

  • Wani, R. and Mapes, R.H., Conservative evolution in nautiloid shell morphology: evidence from the Pennsylvanian nautiloid Metacoceras mcchesneyi from Ohio, USA. Journal of Paleontology, vol. 84, p. 477-492, 2010(共著)
  • Wani, R., Sympatric speciation drove the macroevolution of fossil cephalopods. Geology, vol. 39, p. 1079-1082, 2011(単著)
  • Wani, R. et al., Large hatchling size in Cretaceous nautiloids persists across the end-Cretaceous mass extinction: new data of Hercoglossidae hatchlings. Cretaceous Research, vol. 32, p. 618-622, 2011(共著)
  • Wani, R. et al., Preferential predatory peeling: ammonoid vs. nautiloid shells from the Upper Carboniferous of Texas, USA. Geobios, vol.45, p.129-137, 2012(共著)
  • Wani, R. and Gupta, N.S., Ammonoid taphonomy, in Ammonoid Paleobiology: From macroevolution to paleogeography, C. Klug, D. Korn, K. De Baets, I. Kruta, and R.H. Mapes (eds.), Springer, Dordrecht, p. 555-597, 2015(共著)

環境リスク共生学科


古環境学研究室

キーワード:
化石、地層、軟体動物、古環境、化学合成生態系
教授
間嶋 隆一MAJIMA, Ryuichi
専門分野
生物学、堆積学、地質学
主な担当授業科目
  • 古環境学I・II (2年)、
  • 古生物の科学I・II (1年)、
  • 地球科学基礎実習 (2年)、
  • 地質学遠隔地フィールド (3年)、
  • 卒業研究A,B (4年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

地層と化石から過去の地球環境を復元する

新生代(約6500万年前から現在)を対象とし、軟体動物や化学合成生態系などの化石と地層の記録から地球の過去の環境を復元する研究をしています。三浦半島などで分子化石による過去の湧水活動の復元なども行っています。

  • A record of the upper Olduvai geomagnetic polarity transition from a sediment core in southern Yokohama City,Pacific side of central Japan. Progress in Earth and Planetary Science, 3:26, p.1-13.2017年(共著)
  • An in situ vesicomyid-dominated cold-seep assemblage from the lowermost Pleistocene Urago Formation, Kazusa Group, forearc basin fill on the northern Miura Peninsula, Pacific side of central Japan. Paleontological Research,vol. 19, no. 1, p.1-20.2016年(共著)
  • Geology and age model of the Lower Pleistocene Nojima, Ofuna and Koshiba Formations of the middle Kazusa Group, a forearc basin-fill sequence on the Miura Peninsula, the Pacific side of central Japan. Island Arc, vol. 23, p.157-179.2015年(共著)
  • 三浦半島北部の上総層群中部(下部更新統)で掘削されたコアの堆積相とオルドバイ正磁極亜帯の上限.地質学雑誌,vol. 120, No. 2, p.53-70.2015年(共著)
  • Microstructures of Five Recent Solemyids from Japan (Mollusca: Bivalvia). Paleontological Research, vol.17, no. 1, p.69-90.2014年(共著)

ページの先頭へ