キーワード:リスクマネジメント

環境リスク共生学科


リスク共生社会構造研究室

キーワード:
リスク、リスク共生、リスクマネジメント、社会価値、科学技術
教授
野口 和彦NOGUCHI, Kazuhiko
専門分野
リスクマネジメント、安全工学、科学技術と人間の共生
主な担当授業科目
  • 都市科学B (1年)、
  • リスク共生社会基礎論 (1年)、
  • 社会リスク学A・B (2年)、
  • リスクマネジメントI・II (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

活力のある安全社会を目指して-豊かな社会を創造し次世代に繋ぐ-

社会に潜む多様なリスクはそれぞれが関連をもっていて、あるリスクを小さくする活動が他のリスクを大きくすることもあります。この様な状況下で豊かな社会を実現するためには、目指す社会像に近づくために多様なリスクにどのように対応していくかが重要になります。研究室では、社会に潜在する多様なリスクを明らかにすると共に、そのマネジメント手法の研究に取り組んでいます。

  • リスクマネジメント―目標達成を支援するマネジメント技術(JSQC選書)、2009年(単著)
  • ISO31000:2009リスクマネジメント解説と適用ガイド(日本規格協会)、2010年(共著)
  • 工学システムの社会安全目標に関する報告(学術会議)、2015年(共著)
  • リスク三十六景(日本規格協会)、2015年(単著)
  • リスク評価の理解のために(日本原子力学会 標準委員会 技術レポート)、2016年(共著)

環境リスク共生学科


情報セキュリティとリスクマネジメント研究室

キーワード:
情報システム、データ分析、リスクマネジメント
教授
徐 浩源XU, Haoyuan
専門分野
情報基盤デザインと応用、情報セキュリティマネジメント
主な担当授業科目
  • リスク分析のための情報処理A・B (2年)、
  • 情報セキュリティマネジメントA・B (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

安全な情報基盤デザインと情報セキュリティマネジメントを実現するために

情報化社会を支える情報システムと情報セキュリティのマネジメントの仕組み、また、情報化社会の各種活動により生成・蓄積された多様多種なデータには隠された知識や貴重な知見などを抽出・活用し、さまざまな問題を解決する研究を行っています。

  • 教育研究環境の高度化のための動画利用システム構築と効果的な活用方法, 学術情報処理研究 No.20 2016,page 3-11(共著)
  • An Enhanced GHSOM for the Intrusion Detection, Proceedings of the 11th International Conference on Wireless Communications and Mobile Computing, September 2015.pp.804-808. (共著)
  • Structural Classification and Similarity Measurement of Malware, IEEJ Transactions on Electrical and Electronics Engineering, 2014, Vol.9, pp.621-632. (共著)

ページの先頭へ