キーワード:構造安全性

建築学科


鋼構造研究室

キーワード:
鋼構造、合成構造、耐震性、構造安全性
教授
松本 由香MATSUMOTO, Yuka
専門分野
鋼構造、耐震性、構造安全性
主な担当授業科目
  • 建築学概論・演習 (1年)、
  • 建築構造解析II・演習 (2年)、
  • 鉄骨構造・演習 (3年)、
  • 建築構造・構法設計演習 (3年)、
  • 建築材料実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

鋼構造建築の可能性を探求

鋼構造の耐震性能や設計規範について、多様化する社会のニーズに応えるための新たな課題を研究しています。

  • 現場溶接による梁端混用接合部の構造性能と設計・施工 ―実験データベースによる検討―, 日本建築学会シンポジウム資料,2016年(共著)
  • 鉄骨梁-RCスラブ間の応力伝達と横補剛効果に関する研究,鋼構造年次論文報告集, 23,2015年(共著)
  • 東北地方太平洋地震等による鉄骨造文教施設の水平構面及び非構造部材の震動被害,日本建築学会技術報告集, 44, 121/126, 2014(共著)
  • 2015年改訂版 震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針[鉄骨造編],日本建築防災協会,2016年(共著)
  • 鋼構造接合部設計指針 第3版、日本建築学会、2012(共著)
准教授
石田 孝徳ISHIDA, Takanori
専門分野
鋼構造、建築構造、耐震工学
主な担当授業科目
  • 建築学概論・演習 (1年)、
  • 建築構造解析II・演習 (2年)、
  • 建築構造・構法設計演習 (3年)、
  • 建築材料実験 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

安全・安心な鋼構造建築を目指して

鋼部材・接合部の実験や解析、骨組の地震応答解析などに基づき、過大な地震動に対する耐震性能評価や震災を受けた鋼構造建築の損傷評価法の高度化に関する研究に取り組んでいます。

  • Seismic Performance of Ductile Steel Moment-Resisting Frames Subjected to Multiple Strong Ground Motions, Earthquake Spectra/2019年2月/共著
  • 熊本地震による屋内運動場の構造被害,日本建築学会技術報告集/2018年10月/共著
  • 鋼構造柱脚設計施工ガイドブック,日本建築学会/2017年2月/共著
  • 露出型柱脚を有する鋼構造剛接骨組のDs値再評価,日本建築学会構造系論文集/2016年2月/共著
  • 変動軸力下で水平2方向外力を受ける角形鋼管柱の履歴挙動の追跡,日本建築学会構造系論文集/2014年5月/共著

ページの先頭へ