橋と自然研究室

キーワード:
鋼構造、橋梁、吊り形式橋梁、空力弾性学、モニタリング
教授
山田 均YAMADA, Hitoshi
専門分野
構造工学、橋梁工学、風工学
主な担当授業科目
  • 鋼構造 (3年)、
  • 土木工学実験・演習II (3年)、
  • 土木工学演習 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

夢のあるプロジェクトの創造と未来への継承

「社会基盤施設、特に橋が、社会の一部として愛され続けるように、より長く生き続けるための仕組み」を研究しています。

  • 応力三軸度に着目した鋼製橋脚における地震時脆性破壊発 生要因に関する解析的検討、土木学会論文集A、Vol.66、 No.3、pp.420-434、2010(共著)
  • 動的負荷の影響に着目した鋼製橋脚隅角部における地震時脆性破壊発生要因の検討、土木学会論文集A1、2012(共著)
教授
勝地 弘KATSUCHI, Hiroshi
専門分野
橋梁工学、風工学、風力エネルギー
主な担当授業科目
  • 土木工学と社会 (1年)、
  • 構造の力学I (1年)、
  • 鋼構造 (3年)、
  • 土木工学実験・演習II (3年)、
  • 土木工学演習 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

強風に負けない強い構造物をめざして

目に見えない風の作用を風洞実験、数値解析によって予測し、有害な振動や損傷を生じない橋梁、構造を研究しています。

  • Aerodynamic performance of spiral-protuberance cable under rain and dry conditions, J. of Structural Engineering, Vol.62A, JSCE, pp.431-441, 2016.3.(共著)
  • Numerical study on the effect of shape modification to the flow around circular cylinders, J. of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, Vol.152, pp.23-40, 2016.5.(共著)
准教授
西尾 真由子NISHIO, Mayuko
専門分野
構造工学、橋梁工学、維持管理工学
主な担当授業科目
  • 土木応用数学 (1年)、
  • 構造の力学II (2年)、
  • 構造系力学演習I (2年)、
  • 土木工学実験・演習II (3年)、
  • 土木工学演習 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

構造物をモニタリングしながら使う

橋・構造物を長く安全に使用するために、風や地震による振動、車の通行時に生じる変形などから、健康診断を行う技術を研究しています。

  • 分布型光ファイバセンサを用いた変位同定法による境界条件変化を考慮した構造物の変形モニタリング、土木学会論文集A、Vol66、No.2、pp.229-238、2010(共著)
  • Uncertainty quantification and validation of finite element models of bridge structures, 8thIWSHM, 2011(共著)

ページの先頭へ