交通と都市研究室

キーワード:
都市交通計画、交通工学、都市計画
教授
中村 文彦NAKAMURA, Fumihiko
専門分野
都市交通計画、都市計画
主な担当授業科目
  • 都市基盤計画 (2年)、
  • 地域都市計画 (2年)、
  • 交通計画 (3年)、
  • 土木工学実験演習 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

持続可能な都市と交通の実現のために

持続可能な都市を支える交通システムの諸課題、特に公共交通や自転車や歩行者とまちづくりに着目して研究しています。

  • Comparative Study of Public Bus Transit Performance in Megacities of Developed and Developing Countries 土木計画学研究・論文集vol.28 2011/09
  • 震災から学ぶモビリティ確保の課題 運輸と経済 運輸調査局 (頁 61-63) 2011/08
准教授
田中 伸治TANAKA, Shinji
専門分野
交通工学、交通マネジメント、ITS
主な担当授業科目
  • 測量学 (2年)、
  • 都市基盤計画演習 (3年)、
  • 土木工学実験演習 (3年)、
  • 交通工学 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

インフラを「つくる」から「つかう」へ

既存の交通インフラを活用し、渋滞・事故・環境負荷を減らす交通制御・運用・マネジメントの研究を行なっています。

  • 携帯電話からのGPSデータを用いた歩行者の経路選択リンク集合の推定、土木学会論文集D3(土木計画学)、Vol.67 No.5、2011(共著)
  • 土木技術検定試験-問題で学ぶ体系的知識-、ぎょうせい、 2011(共著)
准教授
松行 美帆子MATSUYUKI, Mihoko
専門分野
都市計画
主な担当授業科目
  • 都市基盤英語A (2年)、
  • 途上国の都市づくりI (3年)、
  • 途上国の都市づくりII (3年)、
  • 環境アセスメント (3年)、
  • 合意形成論 (3年)
E-mail
JavaScirpt を有効にしてください
URL

開発途上国の都市をつくる

大きく変化している現在において、開発途上国をはじめとして、いかに持続可能な都市をplanningするのかを研究

  • 『グローバル時代のアジア都市論』丸善出版社、2016(共編著)
  • 『都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム』学芸出版社、2015(共著)
  • 『低炭素都市 これからのまちづくり』学芸出版社、2010(共著)
  • 「東日本大震災被災地における恒久住宅への移行期における高齢者の買い物行動の実態とその支援に関する研究」『都市計画論文集』Vol.51、No.3、2016(共著)
  • 「開発途上国における自然災害からのボトムアップ型集落再建計画に関する中期的な評価-インドネシア・アチェ州における2004年インド洋大津波災害を事例として-」『土木学会論文集D3』、Vol.72、No.5、2016(共著)

ページの先頭へ