1. 都市科学部トップ
  2. 入試・入学
  3. 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

都市科学部では都市のビジョンづくりへ挑戦したい意欲的な学生を求めます。

  • 理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を身につけたい人
  • ローカル・グローバルにわたる多次元的な世界を相互理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力、総合力を身につけたい人
  • 文理両面の視点と広い視野・横断的な課題解決能力を身につけて、都市づくり・都市社会構築で都市の未来に貢献したい人


都市科学部の教育目標

グローバルな課題とローカルな課題が直結する国際都市=横浜・神奈川地域に立脚する本学独自の文理融合の蓄積とリスク共生学の強みをいかし、都市科学という今までにない学問領域の創出と、グローバルとローカルが直面する多様で複雑なリスク・課題の解決をはかることのできる人材養成をめざしている。


各学科・教育プログラムの入学者受入方針

都市社会共生学科
現代社会が抱える複合的な問題を解決するために、様々なフィールドを結びつけ社会や文化に対する批判的かつ創造的思考を発揮し、これを新しい価値観の創出のために応用し実践できる人材を育成します。

  • 現代社会においてダイバーシティ(多様性)が生み出す様々な問題と可能性の本質を理解した上で、技術・自然・人がより共生した都市社会の創成に貢献したい人
  • 歴史を通じて培われてきた芸術や現代の文化が都市創成で果たす役割を学び、文化や芸術が持つ多様性を生み出す力で都市や社会を豊かにしたい人
  • 国内外を問わず、都市化によって生み出される周縁化の問題(格差や貧困)を理解し、ダイバーシティに配慮した社会開発の策定・実践を行いたい人
建築学科
人間の生活する空間を創造する従来の建築学に加え、社会・文化・人間の営みを洞察する人文社会科学的知や、社会・都市・地球環境における潜在的・顕在的なリスクを把握する広範な理工学的知を融合した教育を行います。

  • 建築の思想を中心に芸術から工学まで幅広く学び、これからの時代を担う建築を都市の中に構想できる創造的な建築家になりたい人
  • 自然災害に強く安全な建築や街づくりに貢献したいと願い、そこに集い住まう人たちの生命と財産を守ることができる建築構造エンジニアや建築構造デザイナーになりたい人
  • 自然と調和した住空間のデザインスキルを身につけ、地球環境との均衡を保ちつつ人々の健康で快適な生活を実現できる建築環境設備エンジニアになりたい人
  • 都市や建築の成り立ちや歴史的変遷を知り、未来社会に向けた持続可能な新しい街づくりを実践できる都市計画プランナーや都市デザイナーになりたい人
  • 建築や都市に関する知見を生かして、地域社会や国際社会のファシリテーションやマネジメントに積極的に関わっていきたい人
都市基盤学科
豊かで持続可能な生活空間、産業・生産活動の礎を構築するため、技術の限界と不可避なリスクを認識しつつ、都市に関わる幅広いリスクとベネフィットの視点で総合思考し、既存の産業形態にとらわれずイノベーティブに、安全で靱性の高い国土基盤、地球環境と経済的効率性のバランスある社会基盤、そして今日的グローバル課題解決に資する国際基盤を実現できる土木技術者を育成します。

  • 自然環境との調和や共生など地球的観点に立ってより良い都市や国土の創造に興味がある人
  • 地震、台風、火山、豪雨、津波などの自然災害から都市や社会を守るために、土木工学の基礎学理をリスクマネジメントに応用して、防災・減災の取り組みをしたい人
  • IT/ビックデータなどの最先端技術/情報と土木工学を融合させ、社会基盤の整備、維持管理や運用に利活用して、都市や社会生活を豊かにしたい人
  • 世界の政治や社会、経済状況に広く関心を持ち、社会基盤整備や地球規模の環境保全を通して、国際的に活躍したい人
環境リスク共生学科
自然環境と社会環境のリスクに関わる基本原理を理解し、文理融合の総合的な知識により、豊かさと表裏一体で生ずるリスクとのバランスをマネジメントするリスク共生社会実現の知を育み、異分野との横断的な連携、社会と対話が出来る素養を持ちつつ自然環境、社会環境を対象にリスクとの共生を実践し、都市の持続的発展に貢献できる実践力を有する人材を育成します。

  • 個別知識では対応できない複雑で多様化した環境リスクに対し、ヒトから都市、自然生態系、地球までのシステム全体を視野に入れた知識展開力を備えた人
  • 豊かさと表裏一体で生じるリスクとのバランスをマネジメントする「リスク共生」社会の実現をめざし、自然環境と社会環境のリスクを科学的に捉える数理的思考力と、ヒト・社会と対話できる社会科学的思考力を併せ持つ文理融合的素養を備えた人
  • 都市に恵みや災いをもたらす自然システムや都市や地域に潜む環境リスクを予測・評価・分析し、リスクと共生した持続的発展に貢献できる実践力を有する人

ページの先頭へ